| Vol6 | Vol5 | Vol4 | Vol3 | Vol2 | Vol1 |

Vol3

ウォールペーパー
坂元宗和
2変数の関数の格子点における値の剰余をとり、剰余が一定の値である場合には単位格子の形でプロットすることによって多様な形が得られる。その形は関数や格子の剰余の条件を変えると様々に変化し特別な場合以外は類推が困難であるが、美的な形になる。これをいくつかOR 合成すれば、複雑な形態になるので、モチーフとしての質と自然さを高めるために平滑化輪郭と部分塗り潰しを工夫し、白黒模様を作った。この模様をビット・プレーンと見て、ビットの組み合わせに対して色を割り当てると、新しいモチーフが発現してカラー模様ができる。
作品を見る。

エロージョンアート
高野久仁子
エロージョンアートとは流体によって腐食された絵画をいう。
その原理は、以下の通り。まず、白亜(炭酸カルシウム)に赤、青、黄色等の顔料を加えて3色以上の溶液をつくり、その溶液を板上に順に塗布し、3色以上の白亜層を形成する。次に白亜層に希塩酸を適宜かけて表面を腐食し、腐食の程度によって中間層や最下層の色が覗けるので、普通に描いたものでは出せない幻想的な絵が出来上がる。

作品を見る。

 


▲上に戻る
連絡先