| Vol6 | Vol5 | Vol4 | Vol3 | Vol2 | Vol1 |

Vol4

ビデオフィードバック映像
山内啓司
ビデオカメラの映像をプロジェクターでスクリーンに投影し自画取りすると、ビデオフィードバック現象によりスクリーンの四角い枠が中心に向かって幾重にも連なっていく。カメラを傾けると白黒の粒が点滅しているような模様が現れる。中心をズームすると映像は拡大されて消えてしまうが、その時、ライターの火のような光源を与えると、丸い光の玉ができる。カメラの角度や距離を変えて微調整すると形が変化し、色々なパターンが現れてくる。傾ける角度がちょうどパターンと重なった時、映像は静止したように見え、映像自体の揺らぎとモアレによりゆっくりと変化しながら、非常に個性的で有機的な形が現れる。
作品を見る。

不思議な映像
山内啓司(映像) 柴田美千里(造形)
ビデオフィードバックによってできる映像には、動物の模様にそっくりなものがあります。
作品を見る。


▲上に戻る
連絡先