活動実績

活動実績

2019イスタ展を開催します!

年に一度のイスタの展覧会を今年も開催いたします。

今年もいろいろな作品を展示しています。
さわって遊ぶことのできる科学おもちゃや幾何学模型も
いっぱいあります。
コンピュータを使った不思議な科学体験もできます。
ギャラリー内で、いろいろなワークショップに参加できます。
(申し込み制のワークショップも別途あります)
遊んで、学んで、楽しみましょう!
是非ご来場ください!

■サイエンスアート展
2019/10/26(Sat.) 12:00~17:00
2019/10/27(Sun.)  10:00~16:30
会場:朝霞市中央公民館1F展示ギャラリー

■ギャラリー内ワークショップ
縄文土器づくりワークショップ
 「その場で作る、その場で焼く、持ち帰る」
・特定非営利活動法人 伝統木構造の会
 「木組みの魅力体験~伝統木造構造の秘密を探る」
・東京学芸大学 松浦研究室ワークショップ
 「わくわくリカ 学校リカの研究室」
千葉工業大学 手嶋研究室ワークショップ
 「だんご串できれいな形をつくろう」
SSJロボットワークショップ
SHARING WATER 
  水を配り、たくわえ、世界で利用する新しい方法
三郷工業技術高校ワークショップ
イメージミッション木鏡社
  放散虫ポスター・放散虫トランプ

同時開催ワークショップ(申し込み制:締切10月15日)
(問い合わせ先:朝霞市教育委員会生涯学習・スポーツ課生涯学習係
 TEL:048-463-2920)

①共振ってなんだろう
身の回りにあるものはほとんど共振します。
楽器のように共振を上手に使えば、
きれいな大きな音を出したりできますが、
共振を知らないとビルが倒れたりする恐ろしいことも・・・。
簡単な工作で共振とは何か?を考えてみます。
 日時:10月26日(土曜日)
 14:00~16:00 集会室1
 対象:小学3年生以上
 定員:20人  持ち物:筆記用具
 費用:200円

 
②ごちゃ混ぜワークショップ プログラミング編
プログラミングに必要な創造的な思考の要素を3つ抽出して、
ゲームやパズルなどを通じて繰り返し体験するワークショップ。
見つける力、表現する力、組み合わせる力を
短時間の繰り返しの中で磨きます。
 日時:10月27日(日曜日) 14:00~16:00 集会室1
 対象:小学3年生以上
 定員:20人  持ち物:筆記用具
 費用:200円
 

2019イスタ展チラシ本番Ver1.0のサムネイル

長谷川千賀子さん個展開催のお知らせ

イスタ会員の長谷川千賀子さんの個展が開催されます!

タイトル: 大地と炭ー現代アート最前線ー長谷川千賀子の展開
日  時: 2019/9/9~9/30

会  場: 平成記念美術館ギャラリー
      世田谷区桜3-25-4 Tel 03-3426-1103
      https://www.heiseikensetu.co.jp/gallery/

トークセッション:9/21 15:00~16:30
ワークショップ :9/21 16:30~17:30
交  流  会 :9/14、21 18:00~ (ご自宅にて)

 

新座児童センターモリモリ子どもフェスタに参加しました

2019年5月19日(日)

新座市畑中公民館で開催された
「モリモリ子どもフェスタ」に「ポリドロン」を持参し、
カラフルな多面体などを作り楽しんでもらう
ワークショップを開催しました。
多くの来場者があり、盛り上がりました。

2019/5/19(Sun.)10:00~15:00
会場:新座市児童センター

 

イスタ・ビエンナーレ3 開催いたしました!

 

イスタ・ビエンナーレ3が無事、終了いたしました。
ご来場のみなさま、どうもありがとうございました。

■日時:2019年2月25日(月)~3月2日(土) 11:30~19:30 最終日は16:30まで

■会場:いりや画廊 https://www.galleryiriya.com/ 
    台東区北上野2-30-2(メトロ日比谷線入谷駅すぐ)

■オープニングレセプション:2月25日(月)17:00~

■ギャラリートーク:2月25日(月)18:00~

当日パンフレット5のサムネイル
    展示会風景                展示ポスター
 
 
柴田美千里:2 枚舌    前川淳: 左:無理数の連鶴、中:悪魔 右:樹状分岐円錐
 
水越のぶまさ:左:有由遊1 右:有由遊2   石原正三ー黄金4 面体と黄金6 面体による造形
 
 
高木隆司、山岡久俊:芭蕉光と闇 吉川信雄:架空の重力波によるリアルの開発   大内公公ー樹状Ⅲ

 
宮崎桂一:減法混色グラデーション立方体     竹田辰興:柔らかな光と影-ゾーンプレート写真の世界
 
 
奥田ナオト:朝日夕日(反射光と透過光の併用)      かみむらみどり:有機物×無機物
 
 
 

「ごちゃまぜサイエンス体験」開催いたしました!

2019年3月30日(土)

朝霞市溝沼児童館で」で
「ごちゃまぜサイエンス体験」の
ワークショップを開催しました。

工作、パズル、ゲームなどの小さな課題を題材に
「科学的に」「協力して」「考える」体験をしてもらいました。日常的に経験することはないもので、とても刺激的だったようです。見学されていた保護者の方からも「子どもたちの普段はみられない姿を見ることができました!」という感想をいただきました。 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
日時:2019/3/30(Sat.)14:00~15:00
会場:朝霞市溝沼児童館

 

 
 

溝沼児童館「ごちゃまぜサイエンス体験」ワークショップを開催します!

 

2019年3月30日(土)

朝霞市溝沼児童館で」で
「ごちゃまぜサイエンス体験」の
ワークショップを開催します。

工作、パズル、ゲームなどの小さな課題を題材に
「科学的に」「協力して」「考える」体験をします。
自分たちで答えを見つけ出す力をつけましょう。

 
 
日時:2019/3/30(Sat.)14:00~15:00
会場:朝霞市溝沼児童館

 

 

 

イスタ・ビエンナーレ3 開催いたします!

 

■日時:2019年2月25日(月)~3月2日(土) 日曜休み
    11:30~19:30 最終日は16:30まで

■会場:いりや画廊 https://www.galleryiriya.com/ 
    台東区北上野2-30-2(メトロ日比谷線入谷駅すぐ)

■オープニングレセプション:2月25日(月)17:00~

■ギャラリートーク:2月25日(月)18:00~

■ご挨拶

イスタとは、本展示を主催するNPO法人:科学芸術学際研究所の英語名の省略形「ISTA」をカタカナで表記したものです。埼玉県朝霞市に本部を置き、科学・芸術・遊びという人間の文化の3要素を互いに橋渡しするような活動をしています。一方、「サイエンス・アート」という言葉は、科学者と芸術家が協力して制作する作品、あるいはサイエンスマインド(科学する心)に基づいて制作される作品を意味します。イスタは、4年前の2015年3月に、いりや画廊で同様の表題の展示をおこないました。今回は、その第3回です。
 上記の副題「量子観想」という言葉は、近代の科学的な成果である「量子力学」と、アーティストの行為を暗示する「観想」(想念を直視する)を組み合わせたものです。
 今回の出展者は、イスタの会員、およびイスタの趣旨に賛同する非会員からなっています。

主な展示作品の作者とタイトルをご紹介します。

・石原正三 :黄金四面体と黄金六面体で構成された平行六面体
・大内公公 :樹状Ⅲ
・奥田ナオト :朝日・夕日
・かみむらみどり :有機物x有機物、無機物x無機物
・柴田美千里 :『光』
・高木隆司・山岡久俊 :芭蕉―光と闇
・竹田辰興 :柔らかな光と陰:ゾーンプレート写真の世界
・前川 淳 :悪魔・樹状分岐円錐・無理数の連鶴
・水越のぶまさ :ゆうゆうゆう(有・由・遊)
・宮崎桂一 :減法混色グラデーション立方体
・吉川信雄 :架空の遠心波によるリアルの開発

皆様のご来場をお待ちしております。
かならず楽しめると思いますよ。
                 イスタ理事長 高木 隆司

 

 

 

当日パンフレット5のサムネイル

2018イスタ展を開催しました!

イスタ展、無事開催、終了いたしました。
ご来場くださった皆様、
ありがとうございました。

■サイエンスアート展
2018/12/22(Sat.) 12:00~17:00
2018/12/23(Sun.)  10:00~16:30
会場:朝霞市中央公民館1F展示ギャラリー

 
同時開催ワークショップ
①風に乗って飛ぶ種のモデルをつくってみよう
植物は種を遠くに運ぶためにいろいろな工夫をします。
「空飛ぶ種」のモデルを作って、どうしたら遠くまで飛ばせる実験しよう。
 日時:12月22日(土曜日)
 14:00~16:00 集会室1
 対象:小学3年生以上
 定員:20人  持ち物:筆記用具、はさみ
 費用:100円
 
②科学的に「考える」ワークショップ
「工作」や「パズル」といった小さな課題を題材に科学的に協力して「考える」体験をします。自分たちで答えを生み出す力をつけましょう。
 日時:12月23日(日曜日) 14:00~16:00 集会室1
 対象:小学3年生以上
 定員:10人  持ち物:筆記用具
 費用:無料
第13回イスタ展へようこそ(A4)のサムネイル 

▲上に戻る
ISTA では,学術文化事業に関心のある方で Word・Excel のできる方, 製品紹介や資料収集などの広報をできるボランティアの方を募集しております.
皆様のご協力をお待ちしております.
連絡先